ブログ

ご苦労様とお疲れ様の違いは?どちらが失礼?上司に言って良いの?について調べてみた

どうも~げだや(@Geda_ya)です。

昔の話なんだけど、上司に、「ご苦労様ですー」って挨拶したら、生意気だなとか非常識だなと怒られたことがあるんですよ。

ご苦労様はだめなの??

ちょっと疑問があるので調べて見ました。

ご苦労様はだめなのか?

「ご苦労様」という言葉は、普通に使われる場面もあれば、ちょっと場違いに感じられることもありますよね。

例えば、上司や目上の人に使うとき、その人の立場や関係性によっては、なんだか偉そうだとか、労働を軽く見ているような印象を与えることがあるそうです。

でもね、友達同士や仲のいい間柄であれば、気軽に使っても問題ない場合もあります。それに、相手の状況や感じ方って本当に様々だから、使うときはちょっと慎重になったほうがいいかもしれませんね。

まあ、結局のところ、「ご苦労様」が失礼かどうかって、使う側の意図や相手の受け取り方によるところが大きいです。

丁寧な挨拶として受け取られることもあれば、ちょっと違和感を覚えることもあるってことですね。

だから、使うときは相手の気持ちも考えて、適切な使い方を心がけることになるってこと。笑

「ご苦労様」と「お疲れ様」の本来の意味を正確に説明しますね。

「ご苦労様」は、相手が何かをしていて苦労していることを理解し、その苦労や努力に対して感謝や敬意を示すための言葉です。

例えば、長時間の仕事や困難な課題に取り組んだ後に、「ご苦労様」という言葉を使うことで、相手の努力や疲労を認め、励ましの意味を表現します。

一方、「お疲れ様」は、相手が仕事や活動を終えて疲れた状態であることを理解し、その疲れを気遣うための言葉です。

例えば、仕事やスポーツの試合などが終わった後に、「お疲れ様」という言葉を使うことで、相手の疲れを軽減し、リラックスすることを促します。

両方の言葉は、相手の労働や努力を認め、その人の健康や幸福を願う気持ちを表現するために使われます。

ってことで、別に上司が苦労しているんだから、使ってよくない!!??

色んな人の意見

①「ご苦労様」は目上の人から目下の人に使う言葉で、「奉仕」というニュアンスがあります。少し上から目線の言葉とされています。上司や先輩に対して「ご苦労様」を使うのは避けたほうがよいでしょう。

②一方、「お疲れ様」は立場に関係なく全ての人に使える言葉で、「労い」というニュアンスがあります。一般的なビジネスマナーとしては、目下の人から目上の人に向けても使ってよい言葉とされています

③「ご苦労様」は、本来、目上の立場の人が目下の人に対して使う労いの言葉です。そのため、目下の人が目上の人に対して使うと、失礼にあたる場合があります

しかし、近年では「ご苦労様」は目上・目下関係なく使えるようになりつつあるという意見もあります。実際、相手との親密度や状況によっては、「ご苦労様」を使っても問題ないケースもあります

「ご苦労様」を使う場合の注意点

  • 目上の人に対して使う場合は、相手との親密度や状況をよく確認する必要があります。
  • かしこまった場や、目上の人に対して初めて挨拶する場合は、「お疲れ様」の方が無難です。
  • 目下の人に対して使う場合は、問題ありません。むしろ、丁寧な印象を与えることができます。

「ご苦労様」の代わりに使える言葉

  • お疲れ様
  • ありがとうございます
  • お世話になっております
  • 大変ですね

まとめ

「ご苦労様」は、目上の人に対して使う場合は注意が必要ですが、目下の人に対して使う場合は問題ありません。相手との 関係性や状況をよく 判断して使い分けることが大切です。

以下は、「ご苦労様」と「お疲れ様」の違いをまとめた表です。

敬語 用いる人 意味 ニュアンス 例文
ご苦労様 目上の人 相手の労をねぎらい、感謝の気持ちを伝える やや丁寧でかしこまった印象 部長、ご苦労様です。
お疲れ様 どのような立場の人でも使える 相手の労をねぎらう 比較的カジュアルな印象 お疲れ様です。

ご苦労様は失礼だ派の意見

「ご苦労様」という言葉は、相手を労う丁寧な表現として広く使われています。しかし、目上の人や上司に対して使うと失礼にあたる場合があります。ここでは、その理由を論理的に説明します。

1. 「ご苦労様」の語源と意味

「ご苦労様」は、「苦労」に敬語の「ご」と丁寧語の「様」を付けた言葉です。「苦労」という言葉には、「骨折り」「努力」という意味のほかに、「惨めさ」「みじめさ」という意味合いもあります。

2. 目上の人に対する「苦労」の意味

目上の人に対して「苦労」という言葉を使う場合、単に「大変だったね」という意味だけでなく、「あなたよりも立場が下の人だから大変だったのだろう」というニュアンスを含んでしまうことがあります。これは、目上の人を見下しているような印象を与え、失礼にあたります。

3. 代わりに使える表現

目上の人や上司に対しては、「ご苦労様」ではなく、以下の表現を使うのが適切です。

  • 「お疲れ様です」: 目上の人や上司に対して労いの言葉を述べるときに最も一般的な表現です。「ご苦労様」よりも丁寧で失礼のない表現とされています。
  • 「ありがとうございます」: 相手の労力に感謝する気持ちを伝える丁寧な表現です。
  • 「大変でしたね」: 相手の苦労をねぎらう表現です。目上の人や上司に対して使う場合は、「ご苦労様」よりも柔らかい印象を与えます。

4. 状況に応じた使い分け

上記のように、「ご苦労様」は目上の人や上司に対しては失礼にあたる場合があります。しかし、状況によっては問題ない場合もあります。例えば、親しい間柄であれば、「ご苦労様」という言葉で感謝の気持ちを伝えることもできます。

5. まとめ

「ご苦労様」という言葉は、目上の人や上司に対して使うと失礼にあたる場合があります。目上の人や上司に対しては、「お疲れ様」「ありがとうございます」「大変でしたね」などの表現を使うのが適切です。状況に応じて使い分けることが大切です。

論理的な主張のポイント

  • 「ご苦労様」の語源と意味を説明する
  • 目上の人に対する「苦労」という言葉の意味合いを説明する
  • 代わりに使える表現を紹介する
  • 状況に応じた使い分けを説明する

補足

  • 上記の主張は、一般的なマナーに基づいています。状況によっては、異なる意見もあることをご了承ください。
  • 言葉遣いは、相手との関係性や状況によって使い分けることが大切です。

 ご苦労様は失礼ではない派

「ご苦労様」が上司や目上の人に失礼ではないという立場からの論理的な反論

「ご苦労様」という言葉は、目上の人や上司に対して使うと失礼にあたるという意見があります。しかし、必ずしもそうとは限りません。ここでは、「ご苦労様」が失礼ではないという立場から、論理的に反論します。

1. 時代による言葉の意味の変化

言葉の意味は、時代とともに変化していくものです。「ご苦労様」という言葉も例外ではなく、元々は目下の人が目上の人に対して使う言葉でしたが、現在では目上の人同士や、目下の人が目上の人に対して使う言葉としても広く使われています。

2. 感謝の気持ちを伝える表現としての「ご苦労様」

「ご苦労様」という言葉は、単に相手の苦労をねぎらうだけでなく、感謝の気持ちを伝える表現としても使えます。「お疲れ様」という言葉よりも、より丁寧でかしこまった印象を与えることができます。

3. 目上の人との親密度

親しい間柄であれば、目上の人に対して「ご苦労様」という言葉を使っても失礼ではありません。むしろ、感謝の気持ちをストレートに伝えることができる表現として喜ばれる場合もあります。

4. 状況による使い分け

もちろん、目上の人や上司に対して「ご苦労様」という言葉を使うことが適切でない状況もあります。例えば、目上の人から叱責を受けたときや、目上の人よりも立場が明らかに上の人に対して使うのは避けたほうがよいでしょう。

5. まとめ

「ご苦労様」という言葉は、状況や相手との関係性によって使い分けることが大切です。一概に目上の人や上司に対して使ってはいけないというものではありません。感謝の気持ちを丁寧に伝えたい場合は、「ご苦労様」という言葉を使うのも一つの方法です。

論理的な反論のポイント

言葉の意味は時代とともに変化する
「ご苦労様」は感謝の気持ちを伝える表現として使える
目上の人との親密度によっては問題ない
状況による使い分けが大切

★補足

上記の反論は、あくまで一つの考え方です。状況によっては、異なる意見もあることをご了承ください。
言葉遣いは、TPOを意識することが大切です。

 

本日決定!ご苦労様とお疲れ様の使い分け

めんどくせーので、素直に、

・お疲れ様です

→誰に使ってもOK

・ご苦労様です

→上司には使わない、何なら部下にも使わない。全部お疲れ様ですにする

げたや
げたや

これで解決やろ



【2024年最新】夢占い辞書、夢の解釈集始めました。ずばり的中、気になる夢占ってみませんか?完全無料です夢に関する日本一のコンテンツ ・夢の辞書、夢の解釈集、夢の意味事典、夢の象徴辞典 ・夢の暗示ガイド、眠りの占い事典、夢のシンボルブック ・睡眠中のメッセージ集、夢の解釈マニュアル、夢の意味解説書 ・夢占い一覧表 ...