ブログ

バーボンって何?ウイスキーとの違いは?原料や要件について解説します

どうも~げだや(@Geda_ya)です。

バーボンってなに?ウイスキーとの違いは?コニャックと何が違うの?
スコッチとは??

こんな感じで混乱している方も多いのではないでしょうか。

今日はちょっぴり大人の解説、バーボンについてブログを書きます。

そもそもバーボンとは?

バーボンとは、アメリカのケンタッキー州バーボン郡で生まれたウイスキーです。

つまり、ウイスキーの一種です。

結論でましたね。つまり、ウイスキーです。笑

なぜバーボンというの?

法的にバーボンと名乗るには、ウイスキーは米国の規制で定められたいくつかの特定の基準を満たす必要があります。条件は次のとおりです。

米国製: バーボンは米国で生産されている必要があります。ケンタッキー州との結びつきが強いですが、国内のどこで製造してもかまいません。

マッシュビル: マッシュ (穀物の混合物) には少なくとも 51% のトウモロコシが含まれている必要があります。残りの部分には、ライ麦、小麦、麦芽大麦などの他の穀物を含めることができます。

蒸留プルーフ: バーボンは 160 プルーフ (アルコール度数 80%) 以下に蒸留する必要があります。

熟成: 新しい焦がしたオーク樽で熟成する必要があります。ウイスキーをバーボンと呼ぶための最低熟成期間は定められていませんが、「ストレート バーボン」と名乗るには少なくとも 2 年間熟成する必要があります。熟成期間が 4 年未満の場合は、ラベルに年数を記載する必要があります。

樽詰め: 熟成のために樽に詰める際のアルコール度数は 125 プルーフ (アルコール度数 62.5%) 以下でなければなりません。

瓶詰め時のアルコール度数: バーボンは 80 プルーフ (アルコール度数 40%) 以上で瓶詰めしなければなりません。

添加物: ウイスキーに着色料、香料、その他の添加物を加えることはできません。風味は、熟成中の穀物と樽との相互作用からのみ生まれます。

これらの規制により、バーボンは一貫した品質を維持し、他の種類のウイスキーと区別される独特の特徴を維持できます。

バーボンにまつわる歴史について

バーボンの歴史は、米国、特に南部地域とケンタッキー州の歴史と深く絡み合っています。その発展の詳細な概要は次のとおりです。

初期の起源

  1. 植民地時代の始まり:

– アメリカのウイスキー造りのルーツは、ヨーロッパから蒸留技術を持ち込んだ、主にスコットランド系アイルランド人の初期の入植者に遡ります。これらの入植者は、もともとライ麦ウイスキーを蒸留していました。
– アメリカ原産の穀物であるトウモロコシは、新世界に豊富にあったため、これらの入植者によって使用されるようになりました。

  1. ケンタッキーへの移住:

– 18 世紀後半、入植者は西のケンタッキー州に移動し、トウモロコシの栽培に最適な肥沃な土壌を見つけました。鉄分を含まないケンタッキー州の天然石灰岩ろ過水もウイスキー製造に最適でした。

バーボンの発展

  1. 命名と法律:

– 「バーボン」という名前は、フランスのバーボン王朝にちなんで名付けられたケンタッキー州バーボン郡に由来すると考えられています。この用語は、この地域のウイスキーを他の地域のスピリッツと区別するために使用された可能性があります。
– 別の説では、ウイスキーは、スピリッツが販売されていた主要な港であるニューオーリンズのバーボン ストリートにちなんで名付けられました。

  1. 19 世紀初頭:

– 1800 年代初頭までに、バーボンの特徴がより明確になりました。蒸留業者は、焦がしたオーク樽でウイスキーを熟成させると風味が向上することを発見し、これが標準となりました。
– バプテスト派の牧師であり蒸留業者であったエリヤ クレイグが、この革新の功績をしばしば (ただし物議を醸しながら) 認めています。

産業化と標準化

  1. 19 世紀の拡大:

– 19 世紀にはウイスキー産業が大きく成長し、ケンタッキー州やその周辺で蒸留所が急増しました。
– 前のバッチのマッシュの一部を使用して新しいバッチの発酵を開始するサワーマッシュ プロセスの発明により、生産が標準化され、一貫性が向上しました。

  1. 南北戦争以降:

– 南北戦争とその後の復興期は業界に影響を及ぼしましたが、バーボンの人気は高まり続けました。
– 19 世紀後半までに、バーボンは強い文化的アイデンティティを持つ独特のアメリカ製品になりました。

禁酒法と復活

  1. 禁酒法時代:

– 1920 年の禁酒法の制定はバーボン産業に大きな打撃を与えました。多くの蒸留所が閉鎖され、いくつかの蒸留所は「医療用」ウイスキーの製造許可を取得しました。
– 1933 年に禁酒法が廃止されると、業界はゆっくりと復活しましたが、完全に回復するまでには何十年もかかりました。

  1. 20 世紀中頃:

– 20 世紀中頃は、他のスピリッツとの競争や消費者の嗜好の変化により、バーボンの人気が変動しました。
– マーケティングの革新とプレミアム バーボンおよび少量生産バーボンの開発により、1980 年代と 1990 年代にバーボンへの関心が復活しました。

現代

  1. 21 世紀のブーム:

– 近年、バーボンは国内外でルネッサンスを経験しています。クラフト ウイスキーのムーブメントにより、数多くの新しい蒸留所が出現し、定評のあるブランドは提供品を拡大しました。
– 蒸留所ツアーやバーボン トレイルなどのバーボン ツーリズムは、特にケンタッキー州で重要な産業となっています。

  1. 法的定義:

– 1964 年に米国政府によって制定された蒸留酒の連邦識別基準は、バーボンを「米国特有の製品」として公式に認定し、その地位を固め、その製造基準を確保しました。

文化的重要性

バーボンは、アメリカの職人技と伝統の象徴となり、文化、文学、音楽で称賛されています。アメリカ南部のアイデンティティの重要な部分であり、世界中でカジュアルと高級の両方の飲酒体験の定番となっています。

重要人物と蒸留所

  • 初期のパイオニア: イライジャ クレイグ、エヴァン ウィリアムズ、ジェームズ E. ペッパーなどの人物は、バーボンの初期の時代と関連付けられることがよくあります。
  • 歴史ある蒸留所: バッファロー トレース、メーカーズ マーク、ジム ビームなどの最古の蒸留所は、今日でも最も有名で尊敬されているバーボンを生産し続けています。

結論

バーボンの歴史は、革新、伝統、文化的意義の豊かなタペストリーであり、アメリカの歴史と社会の幅広い傾向を反映しています。

開拓時代の初期から、アメリカのスピリッツの世界的な象徴としての現代の地位まで、バーボンは独特の伝統を維持しながら進化し続けています。

バーボン、スコッチ、ウイスキー、ブランデーの違い

バーボン、スコッチ、ウイスキー、ブランデーはすべて異なる種類の蒸留酒で、それぞれ原料、製造方法、地理的起源によって定義される独自の特徴があります。主な違いは次のとおりです。

バーボン

  1. 原料: 主にトウモロコシ (少なくとも 51%) から作られ、残りのマッシュは通常ライ麦、小麦、および/または麦芽大麦で構成されています。
  2. 製造: 新しい焦がしたオーク樽で熟成する必要があります。
  3. 地理: 米国で製造する必要があります。バーボンは米国のどこでも製造できますが、最も密接に関連しているのはケンタッキー州です。
  4. 風味プロファイル: トウモロコシの含有量が多いため、通常はより甘く豊かな風味があり、バニラ、キャラメル、オークの香りがあります。
  5. 法的要件: 160 プルーフ以下で蒸留し、125 プルーフ以下で樽で熟成し、80 プルーフ以上で瓶詰めします。添加物は許可されません。

スコッチ

  1. 原材料: 主に大麦麦芽から作られていますが、他の穀物を含むブレンドスコッチもあります。
  2. 製造: 最低 3 年間オーク樽で熟成する必要があります。樽は以前に使用されていてもかまいませんが、バーボンやシェリーが入っていることがよくあります。
  3. 地理: スコットランドで製造されている必要があります。
  4. 風味プロファイル: 地域によって大きく異なります。軽くフローラルな香りから、ピートが強くスモーキーな香りまであります。一般的な風味には、蜂蜜、フルーツ、ピートスモークなどがあります。
  5. 法的要件: アルコール度数が 94.8% 以下になるまで蒸留し、アルコール度数が 40% 以上になるように瓶詰めします。水とカラメル色素以外の添加物はありません。

ウイスキー (一般)

  1. 原材料: 大麦、トウモロコシ、ライ麦、小麦など、さまざまな穀物から作ることができます。
  2. 製造: 製造方法と熟成要件は、ウイスキーの種類 (アイリッシュ ウイスキー、カナディアン ウイスキー、アメリカン ウイスキーなど) によって大きく異なります。
  3. 地域: 世界中で製造されています。主要なウイスキー生産国には、アイルランド、米国、カナダ、日本などがあります。
  4. 風味プロファイル: 種類と地域によって大きく異なります。たとえば、アイリッシュ ウイスキーは一般的に滑らかで軽めですが、カナディアン ウイスキーはスパイシーな風味を出すためにライ麦を使用することが多いです。
  5. 法的要件: 種類と国によって異なります。ウイスキーの種類ごとに、製造、熟成、原料に関する特定の規制があります。

 

 

ブランデー

  1. 原料: 蒸留ワインまたは発酵果汁から作られています。最も一般的に使用される果物はブドウですが、ブランデーはリンゴ、ナシ、その他の果物から作ることもできます。
  2. 製造: ワインまたは果汁を蒸留し、その後、オーク樽などの木製の樽で熟成させます。
  3. 地理: 世界中で作られています。有名なブランデーの種類には、フランスのコニャックとアルマニャック、およびアメリカのブランデーがあります。
  4. 風味プロファイル: 通常はフルーティーで甘い風味があり、熟成プロセスによるキャラメル、バニラ、スパイスの香りがあります。風味は、使用される果物と熟成方法によって大きく異なります。
  5. 法的要件: 要件は種類と国によって異なります。たとえば、コニャックはフランスのコニャック地方で製造され、厳格な製造方法に従う必要があります。

概要

  • バーボン: 主にトウモロコシから作られ、焦がした新しいオーク樽で熟成された、甘くて風味豊かなアメリカン ウイスキー。

  • スコッチ: 主に大麦麦芽から作られ、オーク樽で熟成されたスコットランドのウイスキー。軽やかでフローラルな香りからスモーキーでピーティーな香りまで、多様な風味プロファイルがあります。

  • ウイスキー: さまざまな穀物から作られた幅広いカテゴリーのスピリッツ。製造方法と風味は種類や地域によって大きく異なります。

  • ブランデー: 蒸留ワインまたはフルーツ ジュースから作られたスピリッツ。通常はフルーティーで甘く、木製の樽で熟成されます。コニャックなどのバリエーションには、特定の地域や製造要件があります。

 

種類 主な原料 生産地域 熟成方法 風味の特徴
バーボン コーン(51%以上) アメリカ(主にケンタッキー州) 新しいチャーオーク樽で熟成 甘くて豊かな風味、バニラやキャラメルの香り
スコッチ モルト(大麦) スコットランド オーク樽で3年以上熟成 地域によって多様、ハチミツや果物、ピートのスモーキーな香り
ウィスキー 大麦、コーン、ライ麦、麦 世界各地 種類によって異なる 種類や地域によりさまざま
ブランデー ワインまたは果汁 世界各地 木樽(主にオーク樽)で熟成 フルーティーで甘い、キャラメルやバニラの香り