ブログ

ハルシネーション(Hallucination)とは何か。chatgptやAIの大問題点

Hallucinationとは幻覚の意味です。

国語的に説明すると、ハルシネーション(Hallucination)とは、現実に存在しないものを感覚器官を通じて体験する現象です。

これは、聴覚、視覚、触覚、嗅覚、味覚のいずれか、またはそれらの組み合わせによって生じることがあります。

ハルシネーションは、精神疾患(統合失調症、躁うつ病など)、薬物の使用、高熱や感染症、睡眠不足、極度のストレスなど、さまざまな原因によって引き起こされることがあります。

例えば、視覚的ハルシネーションは、目で見ることができないものを見ると感じる現象で、聴覚的ハルシネーションは、実際には存在しない音や声を聞く現象です。他にも、触覚的ハルシネーションでは、体の表面に何かが触れていると感じることがあります。嗅覚的ハルシネーションは、実在しないにおいを感じる現象で、味覚的ハルシネーションは、口の中で実在しない味を感じる現象です。

ハルシネーションは、特定の状況下で一時的に起こることもあれば、長期間にわたって継続することもあります。原因によっては、医療的な対処が必要となる場合もあります。ハルシネーションが継続する場合や、生活に支障をきたすような場合は、医療専門家に相談することが重要です。

AIのハルシネーション

では、AIのハルシネーションとはなんでしょうか。

AIのハルシネーション問題とは、機械学習やディープラーニングによって作成された人工知能が、現実には存在しないものを見たり聞いたりするハルシネーションを起こすことです。例えば、画像や音声に対して自己学習を行うAIは、時に意図しない誤った結果を出力することがあります。

AIのハルシネーション問題は、現在のAI技術が人間のような「常識」を持っていないため、人間が当たり前のように理解できることでも、AIにとっては未知の領域であることが原因の一つです。また、学習データに偏りがあったり、十分な精度が確保できていない場合にも発生する可能性があります。

AIのハルシネーション問題は、そのままではAIの利用価値を損なうばかりか、社会的な問題を引き起こす可能性もあります。そこで、AIの訓練方法やデータの選択、精度の確保などについて、より高度な技術と規制が求められています。

ChatGPTのハルシネーション

一般的に、ChatGPTのような自然言語処理モデルがハルシネーションを起こすことはありません。
ChatGPTは、大量のテキストデータを学習しているため、ある程度の常識や文脈を理解していると言えます。
ただし、ChatGPTのような自然言語処理モデルにも限界があり、不適切なデータや文脈を与えられた場合には、誤った回答を出力する可能性があります。
そのため、モデルの学習データの品質や、運用時の適切な利用方法には注意が必要です。

 

chatgpt自身に聞いたら、こう返ってきました。

やばいでしょ!chatgpt!

やばいだろ!

嘘つきやん。この人。結構嘘つきますやん。

自分でハルシネーション起こすって言ったら、自己崩壊するから無理なんだろうな。

たまに、嘘つきますよね?

私はプログラムとして設計されており、嘘をつくという概念を持ちません。私は、私が学習したテキストデータに基づいて回答を生成しますが、そのデータが正確であるかどうかは保証できません。また、私が回答する内容が最新情報や正確な情報であることを保証することはできません。そのため、私が提供する情報は参考程度に留め、必要に応じて正確性を確認することをお勧めします。

 

AI自身が、ハルシネーションを起こすことを認識できていないが、実際は起こしている場合の問題点は?

AI自身がハルシネーションを起こすことを認識できていないことが問題である場合があります。AIは、あくまでプログラムであり、プログラムに組み込まれたアルゴリズムに基づいて動作します。もし、AIがハルシネーションを起こしている場合、その影響がAIが扱うデータに反映される可能性があります。たとえば、AIが音声認識のプログラムで使用されている場合、ハルシネーションが原因で、AIが誤った認識結果を出力してしまう可能性があります。また、AIが自動運転車のような重要なシステムで使用されている場合、ハルシネーションが原因で、AIが誤った判断をする可能性があります。したがって、AI自身がハルシネーションを起こしていないかどうかを定期的に監視し、正確性を確保することが重要です。

げたや
げたや
ふーん

chatGPT関連で良い本をお探しの方は、こちらがげだや的に一番おすすめですね。

ChatGPTの問題点

ChatGPTは、人工知能を用いて自然言語処理を行う大規模な言語モデルですが、以下のような問題点が存在します。

偏りやバイアスの問題

ChatGPTは、学習に使用されたデータに偏りがある場合、そのバイアスが反映される可能性があります。例えば、ChatGPTが特定の人種やジェンダーに偏った回答をすることがある場合があります。そのため、学習データの選択や、学習中の偏りを補正する工夫が必要です。

知識の不足

ChatGPTは、学習に使用されたデータを元に応答を生成するため、その範囲内でしか知識を持っていません。そのため、ChatGPTが正確な回答を返せない場合があります。例えば、ChatGPTが知らない用語や事実に対しては、適切な応答を返すことができません。

意図しない回答の生成

ChatGPTは、学習したデータから応答を生成するため、予期せぬ回答を生成する可能性があります。例えば、ChatGPTが不適切な言葉を使用した回答をすることがある場合があります。

これらの問題点を踏まえ、ChatGPTの利用には注意が必要です。また、これらの問題を解決するために、今後の研究開発が必要です。

以上は、ChatGPT自信が述べた問題点です!!!

ChatGPTの問題点を解決するための改善方法

  1. 偏りやバイアスの問題に対する改善方法
    • 多様な学習データを使用する
    • 学習データの選択に対して、注意深く対処する
    • バイアスのある回答を特定して、その補正を行う
  2. 知識の不足に対する改善方法
    • より多様なデータを学習させることで、より広範な知識を獲得する
    • 知識を持つ外部のシステムとの連携を強化することで、必要な情報を補完する
  3. 意図しない回答の生成に対する改善方法
    • 人間の監視を行い、不適切な回答が生成された場合は、その原因を特定し、問題を修正する
    • 人工的な手法を用いて、回答の品質を高める

まとめ

ChatGPTは、私たちと自然に会話することができる素晴らしい人工知能です。
しかし、時には奇妙な回答をしたり、あまりにも的外れな返答をしたりすることがあります。

また、知識の偏りやバイアスの問題も指摘されています。これらの問題点に対しては、より多様な学習データの使用や、外部システムとの連携などの改善方法があります。

もしChatGPTが完璧だったら、私たちはあまりにも退屈な人生を送ることになるかもしれません。

ChatGPTの不完全さこそが、私たちの会話をより楽しませてくれるのかもしれませんね。